今週の幼稚園

終戦記念日

私の88歳になる母と

85歳になる父は

戦争経験者です

2人とも東京上野近くに

住んでいました

 

私は幼いころから

「戦いは遊びでも絶対にしてはいけない」

そう 教えられて育ちました

 

戦時中の話も

たくさん聞かされてきました

 

けれども

最近 母は

自分の中で 封印してきた事柄を

話してくれるようになりました

 

それは

本当につらく

苦しいものでした

 

「戦争は 人を殺すこと

人殺しをしてもよい 世の中になること

洗脳教育であり

自分が自分で なくなること」

 

IMG_0827

 

子どもの笑顔が

つづく世の中でありますように

 

IMG_1042

 

そのために 私たちが

できることを

いつも考えていられるように

 

どうか

かみさま

力をあたえてください

心の動き

暑い夏

みんながプールに入っている横で

プールに入らない子どもたちがいます

水着に

ならない子どもたちがいます

 

IMG_1387

 

それは

大概 心がかたくなっていて

プールに入らない

のではなく

 

プールにはいれない

そんな心になっているのです

 

でも

入れない理由は

その子それぞれ

 

IMG_1398

 

時間がたつと

だんだん プールに近寄ってくる子も

じっと見つめている子もいるのです

だから

慌てず しばらく待ちましょう

 

IMG_1413

 

みんなが

プールから出て

静かになると

入ることができる子もいます

 

IMG_1410

 

今日は入らない

そう決めている子もいます

そんな風に決めずに

ちょっと気にしたらいいのに・・・

そんな気持ちが首をもたげますが

 

IMG_1412

 

堤防の修繕をお願いすると

張りきってやってくれるのです

 

IMG_1414

 

プールでみんなが騒いでいて

たくさんの水がこぼれる中

一生懸命に堤防の修繕

 

それでも よいと思うのです

プールに入らなくたっていいと思うのです

 

IMG_1570

 

翌日も

堤防の修繕にいそしみます

 

でも

みんながいなくなったその時に

彼の心は動きます

 

私たち保育者は

いつも慌ててしまうけれど

慌てずに待っていると

 

子どもの心が

動く瞬間に

きっと出会えますよ

川遊びに思う

その日の気温や天気

前日までの天気が関係し

7月のこの時期

川で遊ぶことができるのは稀です

 

IMG_1205

 

私は

川遊びが好きです

子どものころ

よく連れて行ってもらいました

 

でも

自分の子を連れて行こうと思うと

大概がバーベキューやキャンプで

にぎやかで

残念だったことを思い出します

 

IMG_1235

 

水の流れは 変化し 同じことはないこと

石を置くだけで 流れが変化すること

 

足に当たる 水流の感触が心地よく

水の音が 心を 安心させてくれること

 

水の匂いが 心に落ち着くこと

嫌なものを 洗い流してくれること

石の音が 胸に響くこと

 

おもいきり 石を投げられること

きれいな水が

頭の中を 透明にしてくれること

 

自然の 懐の大きさを感じながら

でも

自然だからよいのではなく

 

どれだけ

毎日の生活の中で

子どもの心に響く環境を作れるか

心に響く毎日を

どのように作っていけばよいのだろうか

 

そう考えさせられた

川遊びでした

作る

子どもは

作ることが好き

 

IMG_0528

 

年少組

紙を切ったり つなげたり

平面の製作を楽しんでいます

 

IMG_0525

 

年少組

立体的なものを作ります

不安定でも おかまいなし

崩れて 泣いて

学びます

 

IMG_0578

 

年中組

お祭りを再現します

経験したことを

形にしています

 

IMG_0575

 

チョコバナナ

かきごおり

 

IMG_0574

 

焼きそばは 盛り付け難しい

 

IMG_0527

 

年長組

船を作ります

自分の 考えを

形にします

 

IMG_0517

 

それぞれの

船の形

浮かぶものを

作るには どうしたらよいか考えます

 

IMG_0580

 

年長組

協力して 船を作ります

 

子どもの遊びは

年少組からの

経験と学びによって 支えられています

 

積み重ねがあって

生かされて行きます

楽しい を積み重ねることが

学びを深めるのです

 

なんだかわからないものを

作ることから

始まるのです

アクティブ・ラーニング

幼稚園において

学ぶ ということは

いろいろあります

 

DSC_0331

 

ここのところ

雨どいで 遊んでいましたが

今日初めて

雨どいを繋ぐパーツを出しました

 

DSC_0333

 

みんなで 相談しながら

雨どいを 繋げています

 

DSC_0336

 

左にいる 年長組が

海を掘ったから

雨どいから水を流してほしいと頼んでいます

 

DSC_0337

 

水を流す山は

写真で言えば 上の方にあるので

雨どいの向きが違います

 

ここで

年中組なりに

雨どいの向きを

どう直すかを 考えます

 

DSC_0346

 

直しました

 

大人は パーツをつなげたまま

向きを変えればいいと思いましたが

彼らは

パーツを外し

片方の雨どいだけ 位置を変え

再びパーツでつなぐという

(どちらかと言えば 合理的でない方法で)

向きを直しました

 

でもこれが

自分で考えるということです

 

DSC_0345

 

それから

ようやく 水を流しましたが

パーツの部分で

どうしても水が溜まってしまうので

 

DSC_0347

 

こんなふうに

高低差をつけてみています

 

DSC_0349

 

さあどうでしょう

うまくながれるでしょうか

水の流れをじっと見つめます

 

DSC_0350

 

真剣に見つめます

 

DSC_0353

 

勢いよく

流れました

 

DSC_0360

 

水が 流れ落ちます

これはうれしい

 

DSC_0368

 

水は流れて 海になり

流れ落ちる水で

船を流すのも

またうれしい

 

DSC_0367

 

考え 考え

思考錯誤し

ついにできたとき

子どもたちは 大きな学びを得ます

 

こうしたら できるかもしれない

こうしても出来なかった

ああしたら できるかもしれない

ああしても できなかった

 

予想し 試して 失敗し

失敗から また予測し 試してみる

 

そんな 学びもまた

今 求められている

アクティブ・ラーニング

抹茶ばやり

抹茶ジュースを作ろう

 

DSC_0163

 

相談

 

DSC_0164

 

ごりごり

ごりごり

 

DSC_0167

 

瓶に移します

 

DSC_0168

 

一生懸命に移します

 

DSC_0173

 

なかなか 大変です

疲れてきました

 

DSC_0174

 

もういいや

といったかと思うと

すり鉢から

直接入れてしまいました

 

DSC_0169

 

この 便利なじょうごに

気が付けばよかったですけれど

まあ

直接入れるのが 楽しかったようです

 

DSC_0175

 

どや どや

という顔をしたかと思うと

 

DSC_0182

 

すてきな笑顔で

友だちに渡します

抹茶ジュースって

どんな味なんでしょうね

身体 鍛える?

こどもって

遊びの中で

身体を鍛えてるのです

 

DSC_0138

 

安定の 縄のぼり

 

DSC_0139

 

バランス崩して

立て直します

 

DSC_0146

 

おさる・・

のようにぶら下がり

 

DSC_0156

 

ちょっと高いところは

よじ登る

 

DSC_0157

 

高いところから

飛び降ります

 

DSC_0158

 

飛び降り方も

いろいろですが

もちろん

着地

すっころび

思うこと

保育をしていると

毎日脳内会議が 始まります

家に帰っても

毎日脳内会議が 行われます

 

なんとまあ

保育者という職業は

難儀な仕事でしょう

目に見える仕事もあるのに

毎日毎日

脳内会議

 

反省省察明日の保育にどう生かす

あの子はこの子は

何が必要?

なんとまあ

ブラック仕事なのでしょう

 

DSC_0120

 

けれどね

こんなふうに

一生懸命に 白い色水を作ろうと

頑張っている子どもを見てしまったら

 

こどものことが

おもしろくて

いとしくて

なんでもいいや!

になっちゃうの

 

といっても

お休みは必要

よく寝て

よく遊び

何でも面白がって生きていこう

 

と思ったら

あ~これは保育に使えそうだな

なんて

やっぱり ダメね

花の日こどもの日

自分たちで作った

紫陽花も

飾ってほしい

今年の年長組は

言いました

 

DSC_0013

 

たくさんの生花の中に

折り紙で折った

紫陽花も飾られました

 

DSC_0018

 

祝福を受け

年長組は 病院へ向かいます

 

DSC_0083

 

花のような こどもたち

 

DSC_0094

 

花束を渡すと

よろこんでもらえるのが

本当にうれしくて

 

DSC_0098

 

♪はなのように

♪このはなのように

歌います

 

DSC_0108

 

最後に

折り紙のコマをいただいて

早速まわす

子どもたちでした

試行錯誤はじめっ!

雨どいが

新しく遊びの道具になりました

 

DSC_1019

 

二つつなげて

水を流しています

 

DSC_1041

 

すごく 楽しいのだけれど

つなぎ目で 水が止まって

あふれています

そこで

 

DSC_1032

 

微調整です

高さを 調整して

つなぎ目がまっすぐになるように

砂で橋げたを作っています

 

DSC_1033

 

どう?

もうすこし

 

DSC_1034

 

上手くいきませんね~

 

DSC_1042

 

今度は

二つの間に

大きめの箱を置きました

少しうまく流れています

 

今日は

このくらい

 

初めて見た雨どいを

試行錯誤で

使っています