今週の幼稚園

自然は不思議に満ちている

ある日のこと

飼育箱で飼っていた

あおむしが逃げてしまいました

 

DSC_0807

 

どこに 行ったかな

わからなくなったら

羽化の時が 心配です

 

DSC_0809

 

子どもたち 探して 探して

そしてとうとう

 

DSC_0803

 

見つかったのです

 

DSC_0806

 

飼育箱の 上

 

DSC_0805

 

こどもたちが 描いた

木の幹に

身体を そわせています

 

さて この時に

「みんなの絵が

本物みたいだったからかな?」

そう 喜んで 終わりますか?

 

 

私は 思うのです

なぜ ここで

さなぎになろうとしたのか

 

もし 本物と間違えたのなら

この あおむしは

何を目当てに

さなぎになる場所を探すのだろう

 

DSC_0808

 

どんなところが

一番適していると

どのように わかるのだろう

 

自然は 不思議に満ちている

なんで?なんで?

まず 保育者が

そのような気持ちを

持っていたいのです

 

知りたいと思い

考え 学ぶ

その気持ちは

自然を感じる心と同じに

とっても大切だと思うのです